モットンとエアーを徹底比較!現役整体師が西川AIRと比べてみたよ♪

東京西川のエアーは、多くのトップアスリートも使用しているマットレス。

コンディショニングマットレスと言われ、眠りの質にこだわるマットレスです。

マットレスを購入しようと思っている方は、必ず候補のひとつに挙げるほどの性能ではないでしょうか?

東京西川のエアーとモットンのマットレス、どのような違いがあるのでしょうか?

モットンとエアーを比較して行きます。

エアーの特徴

「僕らの眠りは、点が支えている」というキャッチコピーの東京西川エアー。

その見た目でこのキャッチコピーの意味はわかると思います。

ボコボコの表面は確かに点が沢山。

この沢山の点が、体全体を支えます。

まるで雲の上のような寝心地と言われるくらいのエアー。

サッカーの三浦カズ、ネイマール、野球の田中将大など、などトップアスリートの人も選んでいるくらいのマットレスは眠りの質にこだわっています。

エアーの特徴について紹介していきます。

ウレタンのデコボコ構造

エアーの特徴はまず、その見た目にあります。

ウレタンにきりこみが入れられていて、点で支える仕組み。

この仕組みは東京有明医療大学の福林教授と日本睡眠科学研究所が共同で研究、実証されたものです。

エアーは寝返りの時、体幹部の筋活動が通常のマットレスに比べて、減少。

寝返りに要する時間も減少しています。

このことからも寝返りする時に体に負担がかかることなく、簡単にできることがわかります。

点で支えるので耐圧分散になる

エアーはマットレス表面の凸凹が、上手に耐圧を分散させます。

腰やお尻部分、胸部分に負担が集中しないので、腰痛の方にもおすすめ。

寝ている時の血行を妨げるのを防ぐので、体ボ負担が軽減します。

自然な寝姿勢

耐圧を分散する事は、自然な寝姿勢をキープするのに効果的。

マットレスが体をしっかりと受け止め、支えるので体の一部に負担がかからない、自然で無理のない寝姿勢をキープでき、熟睡に繋がります。

優れた通気性

ウレタンのマットレスは通気性が悪く、熱がこもりやすい特徴がありますが、エアーは、通気を促進する構造。

寝ている時の汗、湿気、を放湿しやすい作りなので、手入れが楽にすみます。

エアーとモットンを比較

モットンも耐圧分散に優れ、腰の負担を軽くするマットレスですが、エアーとモットンを色々な面から比較していきます。

形の違い

まずは見た目、形が違うのがひとめでわかります。

モットンもエアーも同じウレタンの素材ですが、モットンはフラットな形。

エアーは、表面がでこぼこしています。

寝心地が気になる形ですね。

エアーはウレタンにスリットを入れることで、点で支え、耐圧を分散する仕組みです。

対するモットンは、フラットでよくあるタイプ。

反発力の大きさで、耐圧を分散します。

・エアー・・デコボコでウレタンにスリットが入っている
・モットン・・フラットな形

通気性

モットンもエアーもウレタン素材なので、通気性が気になりますね。

モットンは発泡する泡の大きさを調整することで、通常のウレタンよりも通気性が高くなる構造です。

空気が下から上へと流れやすい特殊な構造です。

エアーは、スリットが入っているので、湿気や汗を拡散して放湿する仕組みです。

・モットン・・発泡する泡を大きくして通気を良くしている
・エアー・・デコボコの構造で放湿する。

耐圧分散

モットンもエアーも耐圧分散に優れた機能性があります。

モットン・・高い反発力で耐圧を分散
エアー・・点で支える仕組みで耐圧を分散

寝心地

どちらも寝心地がいいことで評判のマットレス。

モットン・・体をふんわり押し上げてくれる、寝てみたくなる寝心地
エアー・・雲の上に乗っているような心地よい寝心地

商品展開

モットンは、シングル、セミダブル、ダブル、硬さが100N、140N、170Nの展開があります。

一方エアーの商品展開は幅広いです。

AiR SX、AiR SI、AiR 03、AiR 01、AiR 01SE、と展開があり、マットレスタイプ、ベッドマットレスタイプに分かれ、ベーシックとハードの硬さの違い、そして大きさはシングル、セミダブル、ダブルサイズと別れています。

どれを買ったらいいのか、選ぶのに大変悩むと思います。

サイズの違い

モットンとエアーのサイズを紹介します。

【モットンサイズ】

シングルサイズ:厚さ100mm×幅970mm×長さ1950mm、製品重量:約7.5kg

セミダブルサイズ:厚さ100mm×幅1200mm×長さ1950mm、 製品重量:約9.0kg

ダブルサイズ:厚さ100mm×幅1400mm×長さ1950mm、製品重量:約10.7kg

【エアーサイズ】

AiR SI レギュラータイプ

シングルサイズ:厚さ90mm×幅970mm×長さ1950mm、製品重量:約6.0kg

セミダブルサイズ:厚さ90mm×幅1200mm×長さ1950mm、 製品重量:約7.3kg

ダブルサイズ:厚さ90mm×幅1400mm×長さ1950mm、製品重量:約8.5kg

AiR SI ハードタイプ

シングルサイズ:厚さ90mm×幅970mm×長さ1950mm、製品重量:約6. 3kg

セミダブルサイズ:厚さ90mm×幅1200mm×長さ1950mm、 製品重量:約7.5kg

ダブルサイズ:厚さ90mm×幅1400mm×長さ1950mm、製品重量:約8.8kg

硬さの違い

モットンの場合は、硬さが100N、140N、170Nの3種類から、自分の体重を参考に選びます。

エアーの場合、レギュラータイプが100N、ハードタイプが115Nと硬さが違うので体重、どのような場所で使うか、自分の好みを入力すると、おすすめの固さがでます。

料金の違い

モットンとエアーのAiR SIの価格の違いを比較します。

モットンもエアーも公式サイトの価格を見ていきます。

モットンの場合はお試しキャンペーンを行っているので、その価格です

【モットンの価格】

○ シングルサイズ

価格 39,800円(税込)送料無料

○ セミダブルサイズ

価格 49,800円(税込)送料無料

○ ダブルサイズ

価格 59,800円(税込)送料無料

【AiR SIの価格】

レギュラータイプ

○ シングルサイズ

価格 114,000円+税

○ セミダブルサイズ

価格 134,000円+税

○ ダブルサイズ

価格 154,000円+税

ハードタイプ

○ シングルサイズ

価格 132,000円+税

○ セミダブルサイズ

価格 162,000円+税

○ ダブルサイズ

価格 132,000円+税

値段で大きな差がでましたね。

エアーの価格は全てが10万円以上になります。

モットンとエアーの口コミ

モットンの口コミ

値段もお手ごろだし保証が付いているので、安心して購入することができました。

配送もすぐにきましたし、お店の対応は凄くいいと思います。

寝てみると今までのマットレスとは、反発力が違います。

体全体を支えるような感じで、腰に負担がかかることがありません。

今までは朝起きる時、腰をやってしまうのではないかと怖かったのですが、今は何も考えずに起きることができます。

30代 女性

 

マットレスがもう寿命だったので、買い替えることにしました。

いくつか候補があったのですが、最終的にはモットンのマットレスを購入。

価格がお手ごろなので決めました。

10万円を超えるマットレスはやはり躊躇してしまいますよね。

値段が高くないですが、ウレタンがしっかりしていて、通気性も良く、柔らかさもあるので凄く気に行っています。

おすすめのマットレスです。

 

ベッドマットレスとして使うか、直に敷いて使うか、やり方変わることもあるので、どちらも対応しているモットンにしました。

やはり10cmの厚さがあると、どちらにも対応できるので便利ですよね。

床に敷いても痛くないですし、反発力があるので沈み込む事がありません。

朝起きた時の目覚めがいいので、買ってよかったです。

40代 男性

エアーの口コミ

スポーツをやっているので、睡眠で疲れた体を休めるのはとても大事。

今までは朝起きても、スッキリしないことが多く疲れが残っているし、体も重かったのですが、西川のエアーにしてからは、全く疲れを感じません。

さすが、多くの一流アスリート認めたマットレスだなと思います。

翌日に疲れを残さないので、仕事中も集中力が切れません。

30代 男性

 

点で支えるというので寝心地が凄く気になりましたが、点で身体全体を持ち上げる感じ。今までにはない眠り心地に感動しています。

腰痛持ちなのですが、腰に無理をかけることなく眠れるので助かりますね。

寝返りもしやすいので、腰の筋肉を休められ、とても調子がいいです。

最近では、眠るのが楽しみになっています。

40代 男性

 

より深く眠れるようになりました。

そして、今まではなかなか眠りにつけなくて困っていたのですが、エアーはすぐに眠ることができるので、この効果が一番嬉しいですね。

よく寝むれるので朝の目覚めもスッキリ!

朝から集中力があって、朝活が楽しいです。

30代 女性

まとめ

モットンと東京西川のエアーを比較してきました。

展開が色々細かく分かれているので、エアーは自分にピッタリの商品が探せそうですね。

値段の面ではやはりモットンがお得。

マットレスに10万円以上は、なかなか踏み切ることができません。

自分の体にあったマットレスを見つけて下さいね。

※モットンは公式サイトのキャンペーンを使うと20000円引きで購入することができます。
楽天やamazonで買うと損をしてしまうので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です